<< 宮城 | main | 歯医者 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.02.26 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    シンガポール

    0
       今回の旅行は、息子に助けられる事が多く、新旧交代を感じたね。
      息子は中学2年生の時にニュージーランドへ1週間程度のホームステイに行かせたし
      今年の春休みには、大学のサークル仲間で観光学科の友人と自分で計画して韓国に
      行って来たばかりで、旅慣れて来ている。

      フライトの9月15日は台風の影響で大雨、まだ風が弱かったので、どうにか関空にも
      辿り着いたし、ほぼ予定どおりに事が進む。
      今回は、Wifiルーターをレンタルしてスマホを持参した。
      5台まで繋がるので、息子も助かったようで、ホテルのWifiは当初は無償と情報が
      あったが有償部分しか繋がらなかった。(^_^;)ぷっくっくな顔

      シンガポール航空での23時半のフライト、やはり飛び立って1時間程度は、揺れがひどかったが
      それ以降は安定。一番つらかったのは、寒さっ!げっそり

      大きめのブランケットは最初から配布されていたけど、足の先まで凍えて、このまま
      眠ると凍死するのではと思うぐらいの寒さ。寒い、狭いので仕方なく映画を見て過ごす事に
      丁度、見たい映画があったので、行き帰りで「プラチナデータ」、「ひまわりと子犬の7日間」、
      「脳男」の3本を鑑賞!
      半沢直樹こと堺雅人主演の「ひまわりと子犬の7日間」は特に犬好きでも無いが、涙腺が緩んだ。
      けど、お薦めは「脳男」..ウインク

      案外、飲み物や、食事していると7時間程度のフライトもあっという間に現地到着。
      しかし朝の5時過ぎ。(時差マイナス1時間)眠い中でホテルに荷物を預けてホテルフロントの
      ソファで仮眠?

      先ずは、朝食にカヤジャムを塗った現地では有名なカヤトーストとコーヒーを飲むコースへ

      そしてスマップのCMで有名となったホテル・マリーナベイサンズが見える植物公園へ
      マリーナベイサンズに泊まりたかったけど、割高になるし、口コミでは、泊まるより
      景観として眺めて鑑賞するホテルとの書き込みもあり、割高の分をオプショナルツアー
      に廻した。

      ほとんどの計画が嫁がし、最終確認が俺...
      結婚した当初からシンガポールに行きたいと言ってたから、嫁としては念願が叶った。
      今しかチャンスが無いと思ったのだろう。
      嫁は1週間前に、目眩で立てないぐらいになり日赤へ急患で連れて行って点滴をしたところで
      体調もすぐれない状況では、あったけどどうにか辿り着くもホテル内では、少し気分が悪いと...

      次にはマリーナベイサンズの56階展望台へ、これが見応えのある景色でシンガポールを一望できる
      最高のスポット。57階最上階のプールも横に見える。もう既に泊まったかのように勘違いする。
      天気は曇り空なので、プールも寒いだろう。

      そして世界3大がっかりのひとつを鑑賞に。「マーライオン」
      既に見慣れた感があるものの、感慨もひとしお、本物を見れて良かったわ。

      街中は、週半ばから始まるF1レースの準備で大わらわ...
      フェンスの設置等の作業員やユニフォーム姿のF1スタッフが沢山いた。
      また、いつもと違うシンガポールなのだろう。

      夜はナイトクルーズ、川を屋形船のようなのに乗り込み夜景を楽しむのだが、
      昼間と全く雰囲気の違い、マーライオンやマリーナベイサンズ、ビル街の明かりに
      感動した!
      あーシンガポールに来て良かったと思った瞬間。わーい(嬉しい顔)

      二日目は、センートーサ島へ、ここにUSS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)があり
      若者の人気スポットで、一番人気が「トランスフォーマー」らしい。
      USSを横切り、水族館や親マーライオンの塔へ登ったり。
      水族館のイルカショー。しょぼい...白浜のアドベンチャーワールドの方が数倍エエやろぉ残念。

      夜には、ナイトサファリへ、これまた白浜のサファリワールドの方が良いよな...
      まぁシンガポールに来ているのだから仕方ないか。
      観光客は、インド、韓国、中国、日本などのアジア圏からが、やはり多い。
      けど、日本人ツアーでは、若い女性の二人連れが最も多く見受けられ、夫婦、家族連れ、
      母娘もいたり、しかしお父さん連れって少ないのよね。
      お父さんは、仕事?

      海外旅行へ行っていつも感じるのは英語力よねぇー
      こんな時の為に、ロスでグループ会社の社長していた元上司に英会話を習っておけばと
      つくづく感じたわぁー

      トラベル用語英語集なる本を読んで、話しても、相手から「OK」って返答あれば
      ホッとするけど、違う事を聞き返されると「何っ?」って日本語で答えてしまう自分が悲しい(^_^;)
      それでも、何とか受け答えして了解して貰うと、テンション上がる!
      家族にドヤ顔!

      しかし、部屋内に電話が鳴ると恐怖...
      息子に出てもらう。

      「レストランにカメラ忘れてるって」
      エエ〜やってもたわ、無いカメラ。食事風景を撮ろうと田舎者丸出しで持って行ったの災いとなった。
      カメラをテーブルに...今までこんな忘れ物なんかしたこと無いのに...これまた歳を感じる今日この頃。

      それを聞き取った息子もやるな...褒めてつかわす。
      けど、カメラ貰いに行ったけど、最初に話した若いウェイトレスには、なかなか通じず、
      どうにかチーフらしい方から名前を呼ばれカメラを受け取る。冷や汗ドバぁー

      まぁ久々の海外旅行、入国、出国申請書など息子に頼りながらも楽しく?無事にシンガポールを
      満喫して帰って来れました。

      嫁も観光が始まると体調も良くなったようで、弱音を吐かず完走。
      次は何処へ行こう?  って
      既に模索中...ほっとした顔
      やれやれあっかんべー

      小悪魔ageha 武藤静香プロデュース rady(レディー) セットアップ最新情報!!




      スポンサーサイト

      0
        • 2014.02.26 Wednesday
        • -
        • 18:21
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM