<< 明日から | main | はぴばすで >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.02.26 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    関ジャニ

    0
      今年もクリパの時期がやってきました。
      今回はシャッフルユニットで、2日に1回くらいはドキドキしながらレポ漁ってます。

      そして、今年も12月19日がやってきました。
      濱ちゃんの誕生日公演。
      (この日に濱ちゃんの出演で良かったですね)


      【前半】

      前日、流星不在で、この公演も幕があくまでわからい状況に―
      幕が開いたら、やっぱり2人だけでコンサートスタート

      ●オープニングトーク

      濱田「昨日はスケジュールの都合で流星が出れなかったけど、今日は撮影が終わって今、向かってます」
      神山「はい。いつくるかわからないんでね」
      濱田「ほんまに僕たちもどのタイミングで来るのかわからないんですけど、みんなで流星を暖かく迎えましょう」
      神山「なんか緊張してきた」
      濱田「俺も、すごい今日は今日で緊張してるで」
      神山「俺、流星来たら嬉しくてチューしてしまうかもしれへんわ」

      濱田「流星がいつ戻ってきてもいいように、温めとこうね」

      ●コント

      神ちゃんと腕相撲する濱ちゃん
      途中からガチ勝負に。
      すごい接戦になり、濱ちゃんが勝利

      これに大喜びの濱ちゃん

      濱田「やった!ガチやで。ガチで勝ったで」

      芸能人・海外セレブご愛用ブレスレット!!CHANLUU チャンルー 公認ショップ 日本正規販売店 通販


      【MC】

      ●濱田「今日はもう中日ですね。昨日、初日でもう中日」
      神山「ま、どこのグループも今回みんなそんなようなもんやからな。初日・中日・最終日の繰り返しやから」
      濱田「この聴診器(コントで使った聴診器をそのまま持ってる濱田)、おもちゃかと思ったら本物やった。流星が来るから俺、めっちゃドキドキしてんねん。試しに聞いてみたらドキドキしてたわ」
      神山「俺も・・・ん?・・・ん?」
      濱田「どうした?」
      神山「あれ?俺、心臓・・・」
      濱田「まさか」
      神山「あれ?わからへん。動いてないかも・・・」
      濱田「大丈夫や」
      神山「ま、動いてるから大丈夫やろ」

      濱田「流星、向かってますからね。今、何時?6時?」
      神山「6時6分?」
      濱田「6時?ん?6時6分・・・聞いたからと言って別に何があるわけでもないですが」

      \濱ちゃん、お誕生日おめでとう/

      濱田「ありがとうございます。そうなんですよ。I am birthday」
      神山「私は誕生日。Today is ・・・」
      濱田「Today is my birthdayか」
      神山「何歳になったんですか?」
      濱田「18。早く未成年、卒業したーい!」
      神山「俺より年下な訳ないじゃないですか!」
      濱田「(笑)25歳になりました。でもな“何歳?”て聞かれると“23歳”て答えてしまうねん」
      神山「なんで?」
      濱田「わからん。なんか、自分の中でいろんなことがあったんか、印象にあるのか、いつも“23”て答えてしまうねんな」

      濱田「神ちゃんの対応力は凄いね。俺はけっこう自由やから、自由に動くと神ちゃんも合わせて動いてくれんねん」
      神山「ちょっと褒められるの慣れてないんでやめて下さいよ」

      濱田「そうだ。話していい?俺ね、実は生まれてないねんて」
      神山「は?」
      濱田「生まれてないねん」
      神山「それは・・・」
      濱田「あのな、この話はホンマ凄いで。オカンに、産まれた時ってどうやった?痛かった?って聞いたんや。そしたら、実はお腹の中で1回死んだんやって」
      神山「え!?」
      濱田「俺がお腹にいる時にな、お姉ちゃんが2階から落ちそうになったんやって。それを助けようとオカンがして」
      神山「あっ、濱ちゃんがいるお腹の上にお姉ちゃんが落ちて来たとか」
      濱田「いや、オカンがお姉ちゃん助けようとして落ちてん。お腹に俺がいるのに。で、急いで病院行って、お腹の俺を見てもらったら“残念だけど”て言われたんやって」
      神山「おう・・・」
      濱田「で、ちょうどその時にお祖母ちゃん家に知らない人が入って来たんやって。でも、田舎はよう近所の人が勝手に入ってくんねん」
      神山「わかる。わかる」
      濱田「だから知らないおじいさんが入って来ても違和感はなかったんだけと、“お腹の子は白い蛇に守られてるから大丈夫。あなたは赤ちゃんを抱けるから”て言われたんやって。その直後に、医者も“あれ?おかしいな”てなって」
      神山「え!?え!?」
      濱田「凄くない?別に話、盛ったりしてへんからな。で、産まれる時はツルンって出て来たって。ほら、ご覧の通りなで肩なんで」
      神山「あっ、引っ掛かることなく」
      濱田「そう。ツルンと。で、俺、昨日、白い蛇の夢を見てん」
      神山「おっ!」
      濱田「夢見て、バッ起きて。オカンにその話を聞かされてたから、これは絶対に何かあるって思って今日来たけど、何もなかった」

      濱田「これホンマやからな。これをABC-Zにも話したんよ。やっぱりみんな嘘だ!とか言うんですよ。そしたら河合君が“そのおじいさんって未来の濱ちゃんだったかもね”て。あの、お祖母ちゃんとこに来た人ね」
      神山「近所の人じゃなくて?」
      濱田「うん。だって誰も知らないねんもん」
      神山「凄いな」

      バックのJr.の子が1人、神ちゃんに耳打ちしに来る―

      神山「流星が今、新大阪に到着したそうです。今から地下鉄乗ってこちらに来るそうなので」
      濱田「白い蛇が来る!?」
      神山「ちゃうわ。ま、白い乗り物には乗って来ましたけどね」
      濱田「白い乗り物・・・あ〜、新幹線な。なるほど」

      濱田「あっ、1つ話そうと思ってた話があったんや」
      神山「何?」
      濱田「そこのドンキに買い物に行ったのね。スペシャル公演の前に。で、香水を買おうかな〜て思ってて見てて。そしたら横に女性が来て。イヤでも会話が聞こえてきてん。“のんちゃんの香水ってどれかな〜”て言ってるの。で、俺は“のんちゃん?”て思って。のんちゃんって小瀧望ってピンと来て。俺らの中で“のんちゃん”てそうやんか」
      神山「確かにな」
      濱田「あのコナンがひらめくみたいな感じで」
      神山「わかりやすい例えありがとうございます」
      濱田「そしたら“あっ、これじゃない?”てなって嗅いだとたんに“臭っ!”て言っててん。ま、結局“のんちゃん”て全然違うのんちゃんだったんやけどな。そしたら、次にお店の人とスーツ着た人が来て。俺の見てた香水見て“この香水、売れてるんでもっと出そうかと”とか話してて。そしたらスーツの人が“そうかそれが来てるのか。あれ?テイスターは?”てなって、俺持ってるやん。目の前で売れてるとか言われたら、買ったたわ」
      神山「・・・?」
      濱田「て、話」

      ※話してる途中、途中に神ちゃんが濱ちゃんのことを呼ぶ時に「濱さん」と呼ぶ
      これがお客さん的には違和感で、会場がザワザワ

      神山「“濱さん”って呼ぶのそんなに違和感あります?」


      ●濱田「ちょっと、何やってんねん。出て来てや。文一君」
      文一「ちょっと。もっと後に出ようと思ってたのにー。そんなに早く出てきて欲しかったか」
      濱田「せっかく来てくれたんだし」

      濱田「西畑からは誕生日プレゼントもらいました」
      西畑「はい。ハンカチをあげました」
      神山「ハンカチってあると便利やからな」
      西畑「はい」
      濱田「しかも“たいしたもんじゃないですけど”ってそこそこのブランドだったで。ありがとう」

      濱田「じゃあ、ここで常識クイズをやりましょう。3人には司会をお願いします」
      康二・西畑・永瀬は司会でお手伝い―

      濱田「どうせなら文一君も一緒に常識クイズやりましょう」
      文一「え?」
      濱田「せっかくやからさ」
      文一「俺も答えるの?」
      濱田「大丈夫ですって。ただし、負けたら罰ゲームがありますからね」

      急遽、文ちゃんも参加して常識クイズコーナー

      Q1『アメリカ合衆国と陸つづきになっている国はメキシコとどこ?』

      これは文ちゃんはもうわかってる様子

      濱ちゃん「ジパング」と答えて―
      浜中「それ日本や」
      濱田「日本はジャパンやろ」

      Q2『昔話さるかに合戦で交換したのは柿の種となに?』

      ヒント:お母さんが作ってくれます

      濱田「セーター」

      ヒント:食べ物です

      濱田「ピーナッツ」

      ヒント:いろんな味があります

      濱田「マーブルチョコ」
      神山「マーブルチョコに味ってあるか?」
      文一「カラフルなだけど味は全部チョコやろ」
      濱田「そっか」


      Q3『犬を育てる人のことはブリーダー、では犬の髪を切ったりするのは?』

      ヒント:とりま答えてみましょう。“とりあえず”にかけて“とりま”と連呼する司会

      でも、いまいちピンと来てない文ちゃん

      神山「さっき何て言ってました?」
      文一「え?犬を育てるのはブリーダー、髪を切るのは?」
      神山「そこじゃなくて」
      文一「へ?」
      康二「とりま答えてみます」
      文一「え・・・え・・・」

      わかったような、わからないような文ちゃんが答えに行く

      永瀬「正解!」
      康二「2人はわかってますよね?」
      神山「もちろん」
      濱田「わかってますよ」
      康二「一緒に答えてみましょうか」

      神山「トリマー」
      濱田「トリンドル」

      !?!?!?!?

      神山「ちょっと、待って!俺、トリマーや。濱ちゃんなんて?」
      濱田「トリンドル・・・」
      神山「よう、ヒントの“とりま”からトリンドルが出てきますね」
      濱田「あれ?トリンドルってなかった?」
      神山「確かにトリンドル玲奈さんがいますけど。トリンドルって職業ちゃうからな」
      濱田「そうか。芸能人か。で、正解は?」
      神山「トリマー」
      文一「あっ、トリマーか・・・」
      濱田「ちょっと待って!今の文一君の発言おかしない?正解したんですよね?」
      文一「そうや」
      濱田「“トリマーか”て」
      文一「俺、“トリマ”かと思ってたわ」


      Q4『毎月22日は何の日?』

      神山「あっ、わかった!」
      濱田「マジで」
      浜中「ヒント、ヒント」
      神山「カレンダー見たらわかる」
      濱田「誰かカレンダー。だって、毎月やろ?何それ」

      A.ショートケーキの日

      濱田「なんで?」
      神山「カレンダーで22日の上って15日やろ?1(いち)と5(ご)で“いちご”。いちごが上に乗ってるってことで、ショートケーキの日。ケーキ屋さんが考えたらしいで」

      と、言うことでここで濱ちゃん誕生日のケーキが登場!!

      濱田「!?!?!?!?マジで!やばい!やばい!」

      みんなで、HAPPY BIRTHDAY♪

      文一「俺、ホンマはケーキ持って登場する予定やったのに」
      濱田「言ってや」
      文一「言えるわけないやろ!でもちゃんとLINEしたやろ?“俺がいつ行くかはわかるよな”って」
      濱田「確かに来ましたわ」
      神山「だから、俺はあえて呼ばなかったんですよ」
      濱田「ケーキないって言ってたよな」
      神山「はい」
      濱田「俺、今日“ケーキないの?”って聞いたんですよ」
      神山「ばれちゃいけないから、普通のトーンで“ないです”って言いましたもん」

      文一「あと、ちょっと手紙を読もうかと・・・」
      神山「あっ、じゃあ僕、マイク持ちますね」
      文一「“崇裕へ お誕生日おめでとう。最近では東京でお仕事させてもらう機会も増えましたが、体調は大丈夫ですか?――
      昔、誰にも負けへん!と言って、部屋にこもってずっとギターの練習してましたね――
      あなたは考えこんでしまうタイプなので心配です――たまに帰ってきたときに、甘えて来てくれるのが嬉しいです――浜中文一”」
      濱田「!?!?!?え?文一君?」
      文一「そうやで」
      濱田「ずっとオカンやと思ってたのに〜」
      神山「僕も最初、そうかな〜って思ってたら、下に思いっきり“浜中文一”て書いてあるから、笑い堪えるのに大変でしたよ」
      濱田「ビックリしたわ。でも、俺オカンに“誰にも負けたくない”なんて言ったことないから、オカン盛ったな〜って思って聞いてたのに。文一君か〜」
      文一「えぇやろ」
      濱田「ありがとうございます」

      文一「でもやで、この12月19日に濱ちゃんが入ってるのもまた奇跡やで」
      濱田「そうやで」
      文一「いつもやな」
      濱田「そうですね。毎年、祝ってもらってますね」
      文一「やっぱり、あれなん?日程見て“よし、また祝ってもらえる〜”とか“この日は俺のファン多い〜”とか思ってるちゃうか」
      濱田「そんなことないですよ」
      神山「俺も、今年ツアーの徳島が誕生日の前日で会場で祝ってもらったけど、あれヤバイですね」
      濱田「そうやろ?嬉しいよな」
      文一「じゃあ、せっかくだから25歳になったんやから抱負聞かせてよ」
      濱田「抱負っすか」

      濱田「さっきもいったように23歳で止まってるんですけど、25歳は―」

      なんと、このタイミングで流星到着!
      私服のまま、ステージへ


      芸能人・海外セレブご愛用ブレスレット!!CHANLUU チャンルー 公認ショップ 日本正規販売店 通販

      濱田「ちょっ!このタイミング〜」
      文一「濱ちゃん、もうえぇわ」
      濱田「え〜〜!!!足音聞こえてきたから嫌な予感したんやけどな」
      文一「だって今日は流星DAYやもんな」
      流星「すいません」
      神山「お帰り」
      濱田「私服もかっこいいな」

      神山「じゃあ、流星も着替えてこいや」
      流星「うん。着替えてきます」

      流星、衣装に着替えへ―

      濱田「わかりました。25歳、俺は流星のようになります!」
      文一「そう!それでえぇんよ」
      濱田「そうですよね。流星目指そう」
      文一「濱田はそ!れ!」

      濱田「みんなホンマにありがとう。後半も見ていってな」
      向井・西畑・永瀬「はい」
      文一「俺は神ちゃん見るわ」
      濱田「俺も見て!」
      文一「じゃあ(と、神ちゃんにだけ手を振る)」

      濱田「完全、無視や」

      濱田「やっと3人でコンサート出来るな。でも、僕ら3人で1回くらいしかリハしてませんからね。でも、神ちゃんの対応力に任せた」
      神山「ちょっと待ってくださいよ」

      衣装に着替えて流星登場―

      濱田「おかえり〜」
      流星「すいません。遅れてしまって」
      神山「大丈夫や」
      濱田「ドラマは終わったの?」
      流星「はい。今日、クランクアップでした」
      濱田「そうなん!?」
      流星「はい。終わってから速攻でこっちにきました」
      神山「ありがとう」

      流星「僕、今日ナチュラルハイですよ」
      濱田「そうなの!?」
      流星「寝てないですもん。昨日、朝の5時45分くらいに終わって、今日が朝8時30分集合やったかっらもうタッチ・アンド・ゴーで。新幹線で寝て来ましたけどね」

      【後半】

      ●アコギコーナーからスタート

      真ん中に座らせられる流星
      両側の神ちゃんと濱ちゃんはギターを

      流星「俺は?」
      濱田「おるだけでいいから」
      流星「なんか、ほうきとかでも持ちたいな」

      流星「ほんま、どうしらたいい?」
      濱田「流星はもうおるだけでいいから」
      神山「俺が目で合図してやるから」

      アコギコーナーの曲が終わると―

      濱田「じゃあ、あと流星、何歌う?」
      流星「へ?」
      濱田「これで終わりですけどね」
      流星「ビックリした〜。2曲分しかもらってへんし、どうしようかと思ったわ」

      ●それぞれのソロのコーナー

      流星が来たので、流星のソロ曲が1曲増えました。

      ●最後の挨拶

      流星「昨日は、出る予定だったのに撮影とは言え、出るって言ってたのに出れなくてすいませんでした。今後は、出れるようにしなきゃいけないと思います。って俺が言ってもどうにもならないかもしれませんが―みなさん、今日はありがとうございました。また遊びに来て下さい」




      濱ちゃん、お誕生日おめでとうございます。
      そして、流星、お疲れ様でした。
      こっちもいつのタイミングの来るのかみていてドキドキでした。
      無事、公演時間内につけて何よりでした。
      たまにキョロキョロしていた流星が可愛かったです。でも、そこはしっかり神ちゃんがフォローしていて、踊るところはちゃんと踊れてた流星を見てさすがジャニーズの対応力って思いました。
      今回、濱田・神山・流星の組は3日間ありましたが、3日とも違うものになっちゃいましたね。
      なんだか、いろいろなことがありましたが、今年も素敵な12月19日でした。


      芸能人・海外セレブご愛用ブレスレット!!CHANLUU チャンルー 公認ショップ 日本正規販売店 通販

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.02.26 Wednesday
        • -
        • 18:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM